My wonder story

僕と音の旅物語 訪れた90ヵ国以上の記録 未来はいつも変えてゆける。 




イギリス最後の記録その2  Cornwal 〜 Bristol 〜 Cotswolds  :: 2013/04/23(Tue)




イギリスを巡る約二週間の旅の続きから






“ランズエンド”

DSCN5723.jpg

島の始まりであり終わりの場所

DSCN5730.jpg




イギリス北部のハイランド地方から
遂に、反対側の最西端まで達した瞬間だった


この旅の総移動距離
ある意味、北海道から鹿児島のような感じだよ


地図追ってもらえば分かるはず








最後の最後に
訪れることになった街

"セント・アイヴス”

DSCN5753.jpg


やさしい香りのする建物

耳馴染みのない声で会話する鳥達

点在する沢山のギャラリー


私的イギリスTOP3に入るくらい恋した街


夏は観光客が多すぎて、また違う雰囲気になるみたいだけれど、
これからイギリスに来る人に凄くおススメしたい場所


DSCN5767.jpg

DSCN5765.jpg
(なんについてかわかんないけど、 絶対会話してた)






こうしてロンドン以外の様々な側面を知れたこの旅




ライブ鑑賞中

面白い音楽は足の疲れを忘れて
のめり込むように

ホントに好きと感じたトコロは
夢中で歩き回れる





一人旅の場合
どんな人と出会うか、どんな人と時を過ごすかは、
その街々の印象を変える大きな要因のひとつと確信したよ














近況のご報告







DSCN5906.jpg

DSCN5908.jpg

昨年出演した劇
Five days in March の監督であり友達の Bartの新作を鑑賞しに
"ブリストル” 訪問




作品のクオリティー
出演者の才能に心底感動




歌い盛り上がった
夜の打ち上げパーティー

DSCN5971.jpg




尊敬できる人達の輪にいられる喜びと
お別れの淋しさ、、











数日挟んで
ずっと行ってみたかった
"コッツウォルズ地方”へ

DSCN6051.jpg

DSCN6039.jpg


小さな村がいくつも点在する中で
特に
"バイブリー”の第一印象は衝撃的だった


写真からでは感じられなかった雰囲気


絵本の世界感を彷彿とさせるような
こんな美しい村があるんだなぁ。。としみじみ思いながら散歩



DSCN6042.jpg














先日のロンドンワンマンライブの様子

last live!

417810_10151534171509857_907690096_n.jpg(2013/4/17 at THE HIDEAWAY)





共演してくれた
Samさん、 そしてグラスゴーから来てくれたNeilさん





彼らの愛にも守られて完結できたライブ 忘れないよ


DSCN5890.jpg









ロンドンを
まもなく旅立つ


この街は僕の人生の中で
一生特別な場所になるだろう






ここのストーリーには敢えて登場させてない
出会ってきた沢山の面白い個性的な人達

エネルギーに満ちた
この街だったからこそ
出会えたに違いない



旅立ちを目前に
友としてちゃんと気にかけて

愛を贈ってくれた彼ら一人ひとりの優しさに、心があったかくなった




一年間の滞在場所に
この街を選んでホントに良かった








大好きな想い出たちの余韻に浸る間もなく

Wonder Storyの続きが始まろうとしてる



またいつか落ち着けた時に
ゆっくり想い出達とは語り合おうと思うよ







ここからどこまでいけるか、、


何が起こっても

受け止めたい









あの"絶景”を探す旅





海を越えて


まだ続けよう



















バナー2



  1. Category: None

イギリス最後の記録その1 Glasgo ~ Edinburgh ~ Highlands ~ Lake district ~ Liverpool ~ Wales ~ Bath ~ Cornwal :: 2013/04/23(Tue)






約二週間に及ぶ
イギリス(グレートブリテン島)を巡る旅

説明をできるだけ省いて
駆け足でいこうと思う



旅はスコットランド
“グラスゴー”から始まった


DSCN5069.jpg
(2013/3/18 at Nice and sleazy in Glasgo)


色々お世話になったマンドリン弾きのNeilさん
彼のはからいによって、地元のラジオ局にも出演

DSCN5055.jpg


DSCN5037.jpg

ハットを置いて 心のままに歌う ステキなおじさんと遭遇








“エディンバラ”

DSCN5097.jpg

町全体が世界遺産というだけあって、
歴史的な建造物だらけ、、一発で好きになった町


DSCN5118.jpg

丘の上から見た景色

写真で見ると、実際の雰囲気とは少し違うんだけど、、
現代らしさを感じさせない素晴らしい眺めだった



誰かが口走った様に、時がまさに止まってるような町だった





音楽披露は三ヶ所で

DSCN5154.jpg
(2013/3/19 at Blind poet in Edinburgh)



この町ではRusmasさんという
とてもフレンドリーな男性に色々お世話になった
(写真は何故かない、、)


彼やその友達と飲んだ
Student union の音楽パブにて

ニューオリンズを思い起こさせるJAZZバンドのリーダーが
ギターを持って来てた僕を急遽仲間に加えてくれて、
自分の曲を数曲一緒に演奏してくれた

まさかの展開

大好きなクラリネット奏者もそこに。。

こういうのなんだか憧れだった

夢が叶った まさに夢のような時間だった


DSCN5346.jpg(2013/3/22 at Teviot Row House in Edinburgh)





DSCN5157.jpg

とある Jazz Bar では自由参加型のセッションが行われてた


“Moon River”を演奏してもらって
自分も思い切って後に参加

スローにメローに奏でるJazz Band の中で、ギターを持たずに歌う感覚

ミュージシャンとして
新しいセカイが見えた貴重な体験になった







スコットランド北部


ハイランド地方

DSCN5255.jpg

DSCN5184.jpg

DSCN5204.jpg

DSCN5222.jpg


DSCN5229.jpg
(2013/3/20 at Saucy mary's lodge in Highlands)



DSCN5289.jpg

ネス湖近くにある静かな村が
特に好きだった

否定説
暴露説がある中
伝説を信じる人がまだいるそう

ひそかにボートの上から
ネッシー探し







“湖水地方” 

DSCN5439.jpg


ピーターラビットの作者の
ビクトリア・ポターさんが愛した場所で有名


その絵本のミュージアムと
彼女の原画が見れるギャラリーを訪ねて
ファンタジー満喫

DSCN5395.jpg

DSCN5390.jpg

DSCN5374.jpg

DSCN5460.jpg
巨大ケーキ


DSCN5479.jpg
(2013/3/24 in Windermere)







この翌日、訪れたのは
“リバプール”

まさかのカメラ充電切れ。。



丁寧に道を案内してくれる
やさしい街の人々

ビートルズミュージアム

ジョン・レノンの育った家

ビートルズが昔よくライブを行ってたというキャバーンクラブ

などなど。。


夜は
彼らを想いながら、街の片隅で路上ライブ



感慨深い場所が沢山で、、
また帰ってきたくなるトコロだった









お次は


“ウェールズ北部”


圧巻だったコンウィ城

DSCN5538.jpg


海辺の街 スランディドノ

DSCN5563.jpg

DSCN5574.jpg

DSCN5588.jpg(2013/3/26 in Llandudno)







お次の街は、、

“バース”

DSCN5630.jpg

DSCN5609.jpg

DSCN5650.jpg

DSCN5635.jpg


DSCN5667.jpg
(2013/3/27 at Jika Jika in Bath)









“ペンザンス”


DSCN5686.jpg
(2013/3/28 in Penzance)


背後に佇むこのお城
“セント・マイケルズ・マウント”
見事な景観だった


凄いのは、
潮の満ち引きの関係で、日中限られた時間しかお城に歩いてたどり着けないこと。。


この写真を撮ってる時も
じょじょに、道が海と化してた


記念に一曲歌ったんだけど、
背後の波を意識しながらでドキドキだった









イギリス最後の記録その2へ。。












バナー2




  1. Category: None