My wonder story

僕と音の旅物語 訪れた90ヵ国以上の記録 未来はいつも変えてゆける。 




コロンビア(帰還編)/ Colombia :: 2015/04/30(Thu)













ベネズエラを出て
ひとまず コロンビアの“メデジン”に
数ヶ月ぶりに帰還


20150423072327d47.jpg


この街で有名な日本人
かおりさん宅にまた身を置かせてもらいながら、
結果的に約二週間滞在した


20150423072326a0f.jpg



もはやメデジンで一番近しい
コロンビア人の友人 ロジャーとも再会

彼の持つ底知れぬ優しさには、いつも頭が下がるオモイ

20150423072331027.jpg


 





滞在が伸びた一番の理由は、

以前にもここで紹介した
メデジン在住の日本人ドラマーの男性 ゆうすけ君とライブをすることを決めた為




写真向かって左から

当日一緒にタイバン&セッションもした
メデジン在住の金子さん、ゆうすけくん、そして金子さんの息子みらい君(ピアニスト)。

20150423072106933.jpg
(2015. 4.17 in La Venta De Dulcinea in Envigado, Colombia)

201504230721040aa.jpg


ライブに向けて

開催場所になったレストランに
金子さんたちと何度も打ち合わせに来たり、
スタジオでは、主にゆうすけ君と繰り返し音を出し、セットリストを組んだ


ひとつの“目的”をもって
こうやって、地道に準備を重ねていく毎日は
最近の“旅する日常”とはまったく違う面白さがあり

過去に日本で
イベント企画を積極的にやっていた頃の自分を思い出した


誰かと一緒に同じ方向を向き

音を出せる喜びと楽しさを
改めて心から感じることができた今

タイミングさえあれば、
またすぐにでもバンドとしてライブ出来たらうれしいなぁ。。と思ってる





イベント当日は

路上ライブでつながった人々

それに、周りのみんなの手助けを借り
事前に告知出来たおかげで

コロンビア初ライブだというのに
ホントに沢山のお客さんが見に来てくれた



改めて

このイベントの為に
時間を割いて色々と尽くしてくれた
ゆうすけくん、金子さん、みらい君をはじめ、
協力してくれたすべての人々、足を運んでくれたお客さん達に

感謝をここで贈りたいです。


メデジンで生まれた
この小さくも大きな希望に満ちた輪を広げていけるように

またいつか歌いに帰って来れたら光栄です。







次の街へ旅立つ直前

つながったお友達

あの映像を撮影してくれてどうもありがとぉう

20150424000319ae0.gif











“マニザレス”

20150424000245b00.jpg

20150424000247734.jpg
(2015.4.21 in Manizales, Colombia)


前回のコロンビア訪問では立ち寄らなかった街を
訪問することに決めて降り立った地



山並みがとてもきれいで、
着いてすぐにもう、居心地の良さを感じられた


それに泊まることに決めた宿
Mirador Andino Hostelも、とても素敵だった

201505011332404ca.jpg



今後マニザレスに来る旅人がいたら、是非おすすめ


とても清潔に保たれてるし
なによりも 屋上のテラスから見える景色が昼も夜も煌いている






日中カフェでゆっくりしていたら

声を掛けてくれた2人組みがいた

20150424000244ba0.jpg


コロンビア人の女の子と
アメリカ人の男性

一時間くらい談笑。


去り際に、男性が
『もし長く滞在するつもりなら、家に泊まりにきても大丈夫だよ』 と言い
連絡先をくれた


会ってほんと間もない自分に、
なんて優しい言葉をくれるんだろう。。


でも翌日にはもう次の街へ出発するつもりだったので
「ありがとう」の気持ちだけを伝えて別れた、、、








翌日の朝

夜行バスのチケットを買った後

昼間に待ち合わせた日本人の女性がいた


もう長いことこの街で
コロンビア人の旦那さんとお子さん達と暮らしてるというマイコさん


メデジンのかおりさんからの紹介だった



話題の中で、
週末にどこかの体育館を貸切り
“日本をテーマにしたイベント”が開催されることを知る


日程は二日後

とてもタイムリーな話だ


日本のことに関心を持った人々が集まる場所で歌ったら、
きっと喜んでもらえるに違いない


“なんだか面白そう。。” 

例によって直感が騒ぐので、滞在を少し延ばすことを考え出した


試しに、主催者の男性とつながっていたマイコさんが
確認をとってみると、イベント参加OKの返事をすぐにもらえた


よし予定を変更して
もう少しこの街に残ることにしよう



手元の夜行バスチケットも
日程の変更を受け付けてくれるオープンチケットだったので
問題はない





おっ ということは!


前日に話した
あのアメリカ人の男性がいる!


彼にいちお連絡してみたら
明るく滞在OKの返事をくれた


当初の予定では
もう待ち合わせることはないと思っていたのに、
こうしてまた結ぶことが出来た縁


突然やってくる旅中の人との
出逢いって

やっぱり意味ありげで不思議




そして二日後

2015050113324160f.jpg
(2015. 4.25 at Tokyo Magnitude in Manizales, Colombia)

手作り感漂うイベントの中で
二日間演奏



出店してた
マイコさんが伝えてきた

『翌週末にもっと大きなジャパニーズイベントがあるから、
この際滞在を延ばして、それにも出演させてもらったら? 

主催者の人に確認とったら“是非に”って言ってたよ。』







うーーーん、、


これもまた
何かの縁あってのグッドタイミングだから出てみようかな。。



それなら、最近メデジンでライブをやり終えたゆうすけくんも呼んで
2人で出演するのはどうだろうか。。


閃いてすぐに彼に連絡を入れた





ただひとまずは

正式な返事は保留にすることにして

週明け、隣街の “ペレイラ” にとりあえず歌いに足を伸ばした

20150501133246aaa.jpg

201505011333023cb.jpg

20150501133620ca5.jpg
(2015.4.25 in Pereira, Colombia)







イベントが迫った頃

正式に出演する気持ちを固め
マイコさんを通して主催者の方にその旨を伝えてもらった



一度はいくつかの理由で断念しかけたゆうすけくんも、

最終的には参戦できることになり
これは、とてもうれしかった





メデジンでのライブで出し切れなかった部分を活かして

よりいいライブをふたりでつくれるチャンスが
こんなにも早くやって来たのだから、、

P5024010.jpg

P5024009.jpg
(2015. 5.2 at Kool Anime Festival in Manizles, Colombia)







ライブの出来は、、
ご想像にお任せします。。


初日は一人で臨み

二日目にゆうすけくんが参戦してくれた



ライブ前は


空手のパーフォーマンスや

20150504120117740.jpg


コロンビアで有名な声優さんの生パフォーマンスをちょこっと見た

201505041201206f7.jpg





真ん中にいる
ゆうすけくん含め

タイミングあって見に来てくれた日本人の旅人達のみんなと記念ショット!

20150504120119a9c.jpg



メデジン、そしてマニザレスと続けて、
ライブのチャンスが巡ってきたおかげで

気がつけば
コロンビア滞在はもう一ヶ月になっていた


想い出として残るイイ経験を
ゆうすけさん、マイコさんどうもありがとう。





移動のばかりの日々から
こうやって身を置いて、

路上ライブとはまったく違う感覚にさせる
“イベントとしてのライブ”を立て続けにやれて

色々と改めて気づき、今一度自分のことを見つめ直せた





この国は

あたたかなハートと
笑顔で接してくれる人がとっても多い


それがきっと一番の理由で
毎日穏やかに過ごせて、
前より更に好きになってしまった





マニザレスを後にして立ち寄った
“ポパジャン” という街もいい感じ

IMG_20150505_182422[1]

IMG_20150505_182507[1]






今後の旅のルートについて。。




当初の予定なら

本当はコロンビアからエジプト辺りに飛んで、
北から、アフリカ大陸の旅をスタートするつもりでいた


しかしながら
耳に飛び込んでくるニュースから判断して
今そこに行くのは、リスクがある気がしてならない




なのでアフリカ大陸の旅は
“南アフリカ”からスタートさせる方向で今動いてる



となると、

フライトチケット的には
チリの“サンティアゴ”か、アルゼンチンの“ブエノスアイレス”から
飛ぶルートがおそらく賢明

時間は少々かかるけれど
長距離バスを乗り継いで、再訪問するカタチになる





今は本当ならすぐにでも行きたい気持ちを抑えて

ブラジル辺りから重なった出費を取り戻すためにも、
まだ南米で準備が必要な時期。。





ちゃんと計画通りに
旅が進んでいくことを願いながら
うたい歩き





“今だ” と思うタイミングが来た瞬間

大空へ飛びたい
























バナー2
  1. Category: None

ベネズエラ② / Venezuela② :: 2015/04/01(Wed)








トラベルサイトStay.comさんが
自分のことをプロモーションしてくれてます


その中のガイド役として
迫水秀樹おすすめ東京ミュージックスポットも掲載させてもらってます


ホントはここに、
自分のバンドAmerican Short Hair も初めてライブをさせてもらった
ロックなライブハウス

“下北沢屋根裏”を載せたかった


しかし3月31日をもって閉店したそうです


それでも想い出の光だけは永遠

imgres.jpg


 “ここリンク”

http://www.conexionbaires.com/






今回は遡ってブラジル②から、4ストーリーを更新です。

内容的に
色々と濃い体験をしてきました















“プエルトラクルス”


2015033101342634c.jpg

20150331013407e95.jpg

20150331013416fd8.jpg
(2015.3.26 in Puerto La Cruz, Venezuela)


夕方から始めた
初のベネズエラ路上ライブは好評

ここの滞在はほんと一瞬だった






首都 “カラカス”


20150331013426521.jpg



ここは旅行者の間では
言わずと知れた 南米 超危険都市のひとつ



エンジェルフォールで友達になった彼から

「危険エリアを避けたら大丈夫。人も多いから歌うならベストの街だよ」 と
アドバイスされ、来てみることにした





中心エリアに滞在先をなんとか見つけ

夕方のショッピングストリートへ


201503310134288bf.jpg


人でごった返し過ぎてるので
歌うのは明日にすることに決め
帰りにバーに足を運ぶ


合い席して仲良くなったコロンビア人の男の子

20150331013516657.jpg


夜の街を一緒に少し歩いた後

この夜は早々と宿に戻り
疲れを癒す為に就寝。。





翌日は朝早く起きて

次行く町へのバスチケットを買いに
ターミナルへ向かった



何故か入り口でまたしても警察に止められ連れていかれ、
隅々まで荷物検査


もうこちらから
「お金がほしいだけなんでしょ?」 と指摘してみたら
微妙なリアクションを返され、開放




“もうベネズエラ嫌だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ” と

心で叫びながらチケット売り場へ

20150331013535bc7.jpg


バケーションシーズンのスタート日と重なり

早朝なのに
目を疑いたくなる程の人の量。。



3時間待たされた後


やっと辿り着けた窓口


夜行バスのチケットを買いたいことを伝えると


“昼の1時発”のチケットしか販売できないと言われ、
仕方なしに購入。。


この時の時刻は朝10時



出発までもう3時間を切ってる


急いで宿に戻り、荷物をまとめ

前の晩 試さずにいた
カラカスの路上ライブに挑戦

201503310135459bc.jpg
(2015.3.28 in Caracas, Venezuela)

20150331013549c57.jpg


皆聴いてくれる


このまま早々とバスに乗って
次へ向かうよりも


“ここの街の人たちにもっと歌を届けることにしよう”


心の声に従い

バスチケットを捨て

結局夕方くらいまで歌い続けた



ベネズエラは
たとえ沢山の人がチップをくれたとしても
こちらの実際の利益はホントに小さい


それでもいい。


耳を傾けてくれることに感謝。




路上ライブも終盤に差し掛かった時

彼ら若者と出会う

2015033101354728a.jpg


真ん中の男の子は英語が上手

コミュニケーションをだいぶとりやすい



「日本人がこんな危険な都市で歌ってるから、
なんか手助けしなきゃって、、声を掛けたんだ」


「日暮れ後のバスターミナル付近は特に危険だから、
チケットを買いに行くならもう向かったほうが良い」



ギターケースを閉じ

心配してくれた彼らと一緒に
バスターミナルまで行くことになった


朝と違い夕方は意外と閑散としていたチケット売り場


窓口が開くまでの時間
彼から聞いたベネズエラの現状。。



危険なカラカスに安心は求められないこと


盗みだけでなく
人を殺すことを自分のステータスにしてる若者達がいること


今の政治家のこと


輸入が滞ってて、
買うのが困難になってるお米、牛乳などの必需品


国民が持つ未来への不安






そうここうしてる内に
チケットの窓口が開き

自分の番が来た


「今夜23時発の夜行バスチケットを買いたい」と伝えると
首を横に振る売り場の女性



周りにいた彼らがスペイン語で
色々と質問を繰り返しても、女性の返事は「NO。」の一点張り


いったん列から離れ

彼らに 「なんで買えなかったの?」 と聞くと



思わぬ事実を聞かされた

「あの女性は、アジア人は嫌いだからチケットを売りたくないと言ってる。君を差別してる。」





ショックだった


旅中、ここまではっきりと受けた人種差別は初めてだ


怒りと悲しみ。。



彼らになだめられた後、

幸いなことに、すぐ隣の違うバス会社の窓口で
買うことが出来た夕刻発のチケット


くやしかったので、
最後に、差別してきた女性に人差し指を向けて 
「君の事は忘れないよ」 とラストアクションを起こし、そこを立ち去った



彼女はとても憤慨し
何か叫んでたけど、怒りたいのはこっちだった



心はもう渦巻き状態


警察も含め、
受け止めなければいけない
この国の嫌な部分。。

同時に

心の芯まで感じてる
優しい優しい人々の存在。。。





ここベネズエラで
予想もしてなかった “忘れない旅”が生まれてる










深夜1時にバスは次の街に到着


“バラキシメルト”

2015033101364162d.jpg


一夜を明かしたバスターミナルで
出会った彼ら


「日曜は店がほとんど閉まってる為、街歩きは危険。」 だと言い


街を紹介しながら
おススメのホステルまで車で乗せていってくれた

20150331013702e70.jpg



更に
チェックイン時間のお昼までは
彼らの自宅で一息つかせてくれた、、

201503310137083c4.jpg




昨夜のことがあってすぐに

こんなに優しくしてくれるベネズエラの人たちと出会えて、、
素直に幸せだった


そのおかげで
気持ちをまたすぐに
フラットに出来た気がする


いつものように僕が出来ることは
歌のプレゼント





正午になり、

ホステルにまた向かいチェックイン後


彼らと一緒に車で
路上ライブに出かけた

2015033101371236d.jpg
(2015.3.29 in Barquisimeto, Venezuela)

2015033101373621e.jpg


人の輪もできた


真ん中にいるピエロの男の子が
細かい部分をサポートしてくれて、とても助けられた




彼は素敵な夢も語ってくれた


「僕は人を笑顔にするのが好きなんだ。
だからシリアへイラク、厳しい現状の国にも笑顔をつくりに旅にいきたい。」



別れ際

旅仲間の僕に出会えて
嬉しそうにも寂しそうにも潤んでた
彼の瞳を今またふっと思い出した







そして次に寄った街は、、






“メリダ”


20150401115556fc7.jpg

奇跡的な再会だった写真の彼





朝、中心地に降り立った時

突然、背後から声が聞こえた


『僕を憶えてるかい? コロンビアの道端で話した男だよ』





しっかりと憶えていた


彼は、当時ベネズエラに行く予定はなかった僕に

『いつか僕の国にも歌いにきてよ。
大丈夫、君が思ってるよりも危険ではないんだ。』


と、ベネズエラへの警戒心を
最初に和らげてくれた人だった



彼がどこに住んでると言ってたかなど
すっかり忘れていたけど、入国した時
その存在は記憶の片隅にちゃんとあった



でも彼は彼でFacebookを通じ
こちらが入国してることはすでに知ってたらしい



それにしても
約束もなく、この鉢合わせ


“縁がある人”だったんだなぁ と感心。。



地元である街を
知り尽くす頼り甲斐ある彼の力を借りて
素敵な宿にすぐチェックイン



誘われて一緒にバスに乗り

一時間かけて山の上の、のどかな観光地へ向かった

2015040111555571e.jpg

201504011155555f5.jpg

20150401090514170.jpg

彼はパンケーキとCDを販売

彼女はアクセサリー



そして自分は路上ライブ

201504011156031d2.jpg



連日の夜行バス泊が重なってたことと、
標高が2000メートル以上あるせいか酸素が薄く
疲れと眠気を交えての音楽。。







メリダに立ち寄ってよかった

2015040409010504a.jpg
(2015.4.1 in Merida, Venezuela)



街も街で、清潔感、安心感が他よりも
ちゃんと感じられて滞在し易い




奇跡的な再会も合わせて


“メリダ訪問”は、
ベネズエラが最後にくれた
お疲れ様の贈り物かもしれない








今は

南米の旅が1段落したところです


日本への次の帰国日が
意外に早まるか、まだ先になるのか

次の行き先はどうするのか

ここでいったんプランを練るつもりです





さぁ Wonder story が次に向かう先はどこになるか。。
























バナー2
  1. Category: None