My wonder story

僕と音の旅物語 訪れた90ヵ国以上の記録 未来はいつも変えてゆける。 




チリ / Chile :: 2015/01/30(Fri)











今回は遡ってボリビア編から
3ストーリー更新です!!







75カ国目 チリ


201501170154146d2.jpg





アルゼンチンからチリへと
長距離バス移動



夜はサンペドロ デ アタカマという町で一泊。


気候上
星がとてもきれいに見えるといわれてる
アタカマ砂漠

確かに夜空が
異様な程澄んで見えた






“カラマ”

20150117015456276.jpg

20150117015457983.jpg

20150117015459c52.jpg
(2015.1.14 in Calama, Argentina)



ビール飲みにいこう!

とか

夜ご飯いこう!って誘いもあったけれど、一日歌い続けた



他の南米の国と同様

チリでの路上ライブも
順調なスタートを切れてホッとする







“アントファガスタ”

20150117015537724.jpg


なんだか不思議な感じ



この街も
手前にいった街も

なにもない広大な砂漠地帯に
突如現れたかと思うと

そこに大勢の人が暮らしていて

水や食べ物、モダンなショッピングモールさえもあるという整いぶり



2015011701553816a.jpg
(2015. 1. 15 in Antofagasta, Chile)



手元の情報が少なくそこまで観光地化されていない
こういうよりローカルな街に敢えて乗り込んだ方が、
面白い反応をもらえる





22時過ぎに歌い終えると


カラオケバーに勤めてるという男の子に

「ビールを一杯おごるので、うちの店に来ませんか?」 と誘われる





ストーリーにまた乗っかってみた

201501170353380a7.jpg

20150117035340924.jpg


時間帯もあったせいか
スタッフさん以外他のお客さんはまだ入ってなかった


でも誰もいない割と大きめなホールで、
スタンドバイミーなど、ちゃっかり歌わせてもらった。 ちゃっかり。





後にやってきたお客さんや

店のママの熱唱する
スペイン語の楽曲達を聴けたことも新鮮で面白い夜だった







同日にもう一人。

『ラジオ番組に明日来てほしい』と
誘ってきた人がいた





ホントに出れるのかな?

そもそも、安全な誘いかな?


若干の疑問を持ちながら
とりあえず翌日、アドレスの指し示す場所へと向かった

20150117035337eba.jpg



見た感じ怪しい建物ではなさそうだ




よしっと覚悟を決めて
中に入るなり

スタッフさんたちに温かく出迎えられ


段取りを説明されたかと思うと



あれよ あれよのまま本番へ

2015011701550035c.jpg
(2015. 1. 16 in Antofagasta, Chile)

20150117015536ff3.jpg


とっても心地の良い時間だった


最初は身構えていたけど、

思っていたよりもずっと
スムーズに物事が運ぶこともあるんだなぁ。。









夜行バスで次の街へと出発!



“ラセレナ”

20150119030430c32.jpg





宿探し中に出会った
とあるオジイさんがいた

20150119030359418.jpg



描いた作品を
アメリカに送り売りに出し

今現在は“絵描き”として、生計を立ててる凄いお方




モンゴルで生まれすぐに
家族と共に日本に移り住み


26歳になった時

海の向こうへと一人飛び出し


それから何十年間も
日本には戻らず様々な国へと渡り、生きてきたそうだ



おそらく聞けば聞くほど
面白いストーリーを思ってる ザ 旅人 だと思う。。


78歳とは思えないくらい
今を生きてるエネルギーを感じた


Ali mongo さん

ネットで名前を検索すると色々出てきます





昼過ぎ

観光がてら街を歩いてると
日本庭園の看板を見つける

201501190303581e9.jpg



入場料を払い
入ってみた

20150119030359a9f.jpg

20150119030403cc8.jpg

20150119030403def.jpg



完全に日本!というより
チリにある和風の公園といった感じ





“心の庭”というネーミングセンスが好き





夕方から歌いだす

2015011903043196b.jpg
(2015.1.17 in La Serena, Chile)


声を掛けてきた人達と
路上後、夜の街をお散歩

20150119030446b53.jpg

20150119030432643.jpg



宿に戻ると

バカンスでアルゼンチンから来ているという
警察官を職としてるおじさん達と深夜まで話が弾んだ


仕事柄
豊富な知識から、アルゼンチンの危険エリアのことなど、
沢山のアドバイスをくれた






翌日の夕方

旅人のAliさんの製作現場を見学


独創的な世界観

20150125232409863.jpg


こうやって出来た作品達を
後々アメリカに送る流れだそう

20150125232408c87.jpg


夕方になると


近くの市場で買ってきた サバをさばいて(“さば”だけに)
レモン、しょうが、たまねぎなど添えて
お刺身をテーブルに出してくれた

20150125232411afb.jpg



海外でこうやって生魚を食べるのは初めてだった自分、、



『でも鮮度などほんとに大丈夫なんですか?』


Aliさんにたずねてみると


遠い昔漁業もやってきた経験から

「基本的には、レモンやお酢をかければ
バクテリアがいてもやっつけられるから大丈夫だよ」 と言われる


とってもおいしかった









“サンティアゴ”

201501252324147b5.jpg


チリにこんなにも
都会な街があるとは思ってなかった


思わず一歩引いてしまうくらい
ビジネスマンでごった返す中心街


当たり前のように地下鉄も走ってる





思えばしばらく
ここまで大きな街はたずねてきてなかったんだな。。


なんだか
“現代”に突然引き戻させられた感覚だった

日本に今
帰国したら同じような気持ちになるんだろう。。




どっちがいいとかではないけど

南米の素朴なローカルな町を訪ね
歌い歩いてきた感覚が好きだった





いつか誰かも言ってた


都会は
人や物であふれている反面
個々の持つ孤独感を一層煽る空気があるって


2015012523250130e.jpg


色々と規制があったので
翌日すぐに隣町へ移動





“バルパライソ”

20150125232504fca.jpg

2015012523250663b.jpg





昼間の青空の下

広場にベットを並べて
何かを表現をしてるアーティストがいた

20150125232503001.jpg





路上ライブ!!

20150125232507361.jpg
(2015.1.20 in Valparaiso, Chile)




ここからバスですぐにいける

お隣の町 “ビーニャ”でも路上ライブ

201501252325547e6.jpg
(2015. 1. 22 in Viña del Mar, Chile)



この町に来た一番の理由は
旅人の間で有名な日本人宿に泊まるため



数ヶ月前に旅したグアテマラ以降
ずっと日本人が集まる宿には行ってなかったから
久しぶりに敢えて行ってみることにした



宿内での写真撮影は基本だめと聞いていたので

仲良くなった人たちと旅立ち前に撮ったテイクをここに

20150125232555d93.jpg

20150125232556a62.jpg


二泊だけの滞在にとどめたけど
本当に行って良かった


やっぱり日本人の輪にいる時だけ感じる
安心感ってある


“忘れてた自分”を思い出す



やりかけてたことも、この宿でまとめられたこともあり



一回気持ちをフラットに出来た滞在





町を出た後

再度少し寄ったサンティアゴでは


友人のアメリカ人JMと三年ぶりに再会
女性はブラジル人の奥さん

20150125232558a4c.jpg





4年前の大地震がきた日
彼はアメリカから日本にちょうど旅行に来ていた


渋谷で、初対面だった彼や友人の男性の
ガイド役をしていたときに それは起きた





混乱する人々

錯綜する情報


当時できる英語レベルで
なんとか彼らに事態を説明して
安心させようとつとめた自分



電車も止まり

夜はみんなで
新宿のホテルの一室で朝日を待った





あの日のことは
誰もずっと忘れない








チリ最後に訪ねることに決めた街へ。。


“コンセプション”

20150125232559432.jpg





グッドタイミングで

飛行機のアクロバッドショーを見れた




手に汗にぎる
スリリングなパフォーマンス

2015012523270137d.jpg

20150125232702426.jpg

2015012523270465e.jpg

20150125232705798.jpg

20150125232732647.jpg






路上ライブ

20150125232734b70.jpg
(2015.1.24 in Conception, Chile)





アジア人の男性に声を掛けられ


お仕事を訊ねると


『航海士だよ』

と返されてびっくりした




ちょっと船で立ち寄ってきてたらしい





なんか。。


“職業 航海士” って響き





ロマンありすぎ!!!







こちらは海上ではなく

歌いながら
アルゼンチンの大地を歩いています


















バナー2
  1. Category: None