My wonder story

僕と音の旅物語 90ヵ国以上の記録(2012/4~2015/8月を参照)               未来はいつも変えてゆける。




アルゼンチン② / Argentina② :: 2015/02/20(Fri)













チリを発ち


ルート的に再び戻ってきたアルゼンチン









“メンドーサ”

201502042219213b8.jpg


昼間に公園まで足を延ばしてみた


木漏れ日で煌いていた街並みが
運んでくれた安らぎ


20150204221923a1b.jpg

20150204221923d72.jpg
(2015. 1. 27 in Mendoza)








すぐに移動!



“コルドバ”

20150204221925afa.jpg




メンドーサから
この街までの移動時間はおよそ10時間と言われていた


一日を無駄にしないためにも
いつものように夜行のバスに乗り込み

朝には到着するつもりでいた



が、、 

途中で
バスに何か問題が発生したらしく

結局 コルドバのターミナルに着いたのは夕方


乗車時間にして
まさかの 約20時間。。



それでも、

“起こる物事すべてにきっと、意味、理由があるはずだ”

と自分に言い聞かせながら
がんばってポジティブシンキング。。


一日中座り疲れた
くたくたの身体でターミナルを歩いていると


見覚えのある人たちとばったり遭遇した



数週間前にいた
アルゼンチンの“サルタ”という街で
一緒に、音楽居酒屋にいった友達だ


立ち話の中で
彼らの “おすすめの宿”を 紹介してもらったので
そのホステルに向かいチェックイン。



その後僕は
すぐさま路上ライブに出かけた






歌おうと決めた一つ目の場所は
人通りがもうなくなっていたので

早めに切り上げて、二つ目の場所へ、、



道の途中で
突然声を掛けてきた男性がいた



流れ的に、彼と路上ライブ帰りに
一緒に飲みにいくことになり

「どうも初めまして」の交流の輪は

次第に周りのテーブルの人たちにも
広がっていった

20150204221927b99.jpg
(写真向かって一番右にいるのが、その彼)




サウンドエンジニアを職としながらも
精力的にバンド活動もやっていて、
今年のどっかのタイミングで、なんと京都にもツアーに行くそうだ





翌日はまた路上ライブ

20150204222007b3e.jpg
(2015.1.29 in Córdoba, Argentina)






滞在していた宿の中庭で
夜は思わぬ幸運


ハッピーバーベキューパーティー

201502042220098d8.jpg



人も夜風も夜空も
すべてのアンサンブルが完璧に調和していて
とても優しい夜だった






翌日の朝、ターミナルで
ブエノスアイレス行きの夜行バスチケットを買った


夜まで
たっぷり時間があったので

路上ライブをまたしていると、
一日目の夜にだいぶ仲良くなった彼と、
女の子達が会いに来てくれた


201502042220069c6.jpg
(この写真は一日目の夜)




路上後、またお酒を飲み交わし、
最後はバスターミナルまで
付き添ってくれた彼ら。。


コルドバへの好印象は
彼らがくれたと言っていい



とても別れを名残惜しそうにするから


自分は笑顔で

「またアルゼンチンにもどってくる日が来るかもしれないから、

お別れではないよ!!」


と彼らに言い続けた



ホントは寂しくならない為に、
ひそかに自分自身にも言い聞かせていた言葉。。



夕暮れ時の人通りがまばらな街頭で歌っていた時

ひそかにやってきた孤独感は

彼らが“友達”として
応援しにきてくれたおかげで
どこかへ消え去っていた





「ひとりじゃない。僕にはまだ仲間がいる。」 


そう彼らが思わせてくれた










結果的に、
初日のバスが大幅に遅延してなかったら
彼らとの出会いも、宿でのバーベキューもたぶんなかったんだろうな。。



物事の過程は
深読みすればする程、、

よくできていて面白い










“ブエノスアイレス”


201502042220492db.jpg

20150204222052344.jpg

201502042220509a2.jpg



生のタンゴ演奏にとても感銘を受けた





アメリカで触れた


ロンドンで触れた


フランスで触れた


アイルランドで触れた


スペインで触れた


ルーマニアで触れた


メキシコで触れた



に続く

とても個性的で印象的な旋律の音楽





さらっとやってのけることのクオリティーは
もう通常じゃ語れないレベル





こうやって色々な音楽が
世界中に存在してることをとっても嬉しく思う


各ミュージシャン
それぞれに誇りを持ち
極めようと高みを目指して腕を磨き上げていく




こちらは日本人ミュージシャンとして

好きな要素を参考にして
自身の音楽を追及しがいがある



20150204222011047.jpg



ブエノスアイレスは
予想していた通り都会だった


でも
思ってたより
シャレていてアートな香りもする





人々はどこか
仕事に追われてる様子で

路上ライブの反応は他の街と比べるとまぁまぁかな

201502042220522d3.jpg
(2015.2.2 in Buenos Aires, Argentina)




面白いよね

同じ国なのに、街によって
違うタイプの人々が行き来してるのが
明らかに分かる


目つきも違う気がする


“みんな笑顔で生活してるのかな?”



そんな疑問が残る







Facebook上で連絡が入り

この街では一年半ぶりの再会もあった


201502042220541d3.jpg


北村さんは
リヒテンシュタインで
歌っていたときに知り合った


定年を期に
世界中を旅して回ってるお方



なんか質問攻めしてしまったけれど、、
(自分的には)会話はとても弾み


今後の人生について
考えさせてくれる深いお言葉を沢山貰った




“世界のどこか”での

次回の待ち合わせが楽しみになってくる


そんなすばらしい再会だった























バナー2
  1. Category: None