My wonder story

僕と音の旅物語 90ヵ国以上の記録(2012/4~2015/8月を参照)               未来はいつも変えてゆける。




ウルグアイ/Uruguay :: 2015/02/27(Fri)









76カ国目 ウルグアイ




“コロニア”

20150210032350167.jpg

20150210032352fc9.jpg



ここは数時間立ち寄ってみただけだった



とっても小さくてひっそりとしていた素敵な町




時々出会える

心を落ち着かせ和ませてくれる
あの妖精達が住んでる場所なので、おススメします










首都 “モンテビデオ”


20150210032354dbf.jpg





噂どおり、物価が尋常じゃないくらいに高い

南米に限らず、世界的にみても、
かなりのレベルいってると思う。。


こうなってくると
心と時間に
ゆとりを持って旅するのが少し大変になってくる





20150210032353fdc.jpg
(2015.2.3 in Montevideo, Uruguay)


路上ライブの反応は

場所にもよりそうだけど
そう簡単にはいかない国だということも分かった



気のせいか、
ここの人達もどこか日常に追われ過ごしてる感じがした。。









メッセージをチェックしてると


前日のブエノスアイレスでの路上ライブ中に
声を掛けてきたミュージシャンの女の子から連絡が入っていた



『もしまた私の街に来ることがあったら連絡してね』

とのことだった




そういえば、声を掛けてきた時に

『よければ、週末の私のイベントに出演できる?』 って言ってくれてたな、、




メッセージ内のリンク先から
彼女の音楽を聴いてみた時

なんで自分に話を振ってくれたのかが
分かった気がした




ひょっとしたら

“このイベントは、相当面白いものになりそうだぞ”



直感がどうもそう叫ぶので

なんとか出演できるようにウルグアイの予定を調整することに決めた




イベントまでまだ数日はある。


きっと間に合わせられる。












“プンタデルエステ”


20150210032355215.jpg


とある路上パフォーマーの男の子が、
おススメしてくれた海辺の町




とはいえ着いたときは、
思いのほか閑散としていた繁華街


人づてに見つけられたホテルに
無事にチェックインして

夕暮れ散歩


20150210032446e89.jpg

20150210032446761.jpg





夜になると
中心地は人で賑やかになってきていたが、、

「許可がないと広場では歌ってはいけない」

とお決まりの文句を言われる。。


結局、最終的に夜11時を回った頃

警察に許しを得た上で
少しだけ街の片隅で歌った









翌日の昼間
再度 首都のモンテビデオに戻り


路上ライブをしていると、、


見た目が完全にハードロッカーのお兄さん達に声を掛けられた

20150210032448565.jpg


『じつは、ここウルグアイにメイドカフェを開くことになったんだ。
よければ君を招待するよ。』





『ちなみに君はハードロックは好きかい?』





見た目が完全にロックな彼らから
聞かされたメイドカフェオープンの話と
突然のハードロック好きかいの質問。。


なんとなくシュールなそよ風が
僕を横切った



リーダーの男性は
仕事として、イベント企画など積極的にここウルグアイでやってるとのことだった


時間に余裕があったら
どんな感じか行って見てみたかったな





この夜
モンテビデオでは
年に一度のカーニバルが開催されていた



少し覗きにいってみた

20150210032538e21.jpg

20150210032449035.jpg

20150210032451210.jpg





大胆な衣装で
ステップを刻む踊り子たち


各チーム
グルービーなリズムを刻みながら
行進していく


みんなこの瞬間の為に
練習してきたんだろうな。。


緊張感も伝わってきた



何百という太鼓達が生み出す迫力

大勢の人達からあがる熱気


演者も、観客も
自然に笑顔が連鎖していく





“リズム”という
僕らを元気付ける音楽の魔法を
全身で浴びた翌日、

再び戻ったブエノスアイレス





誘ってくれた女の子のイベントに無事に出演して演奏

20150210032544740.jpg
(2015.2.6 in Buenos Aires, Argentina)

2015021003260718e.jpg


開催場所だったシャレた造りの家

演奏したミュージシャン達

駆けつけたお客さん達


とにかくその場に集ったすべてが “かっこよかった”





こうやって
とてもアーティスティックな面を

自然に感じさせてくれる
“ブエノスアイレス”という街を

もっと好きになれた







写真は彼女とその彼氏さんとの一枚

201502100326069dc.jpg


ご自宅に一泊させてもらった

20150210032541a62.jpg





これからも続いていく縁を感じた彼女

Marina Fages の音楽をここに。

 “リンク”





自分と同じようにヨーロッパでの音楽活動もしてる

そして

実はとってもすばらしい絵描きさん。




家の額縁に
いくつもの世界観が飾られていた







最後の一枚は。。


201502100325423fa.jpg





ずっと寄り添っていた
彼女の2匹のネコ





















バナー2
  1. Category: None