My wonder story

僕と音の旅物語 訪れた90ヵ国以上の記録 未来はいつも変えてゆける。 




チリ(再訪問)/ Chile :: 2015/06/28(Sun)













今回のチリは
ペルーやエクアドル同様に
前回行ってない町からスタート






“アリカ”


201505292209571bc.jpg

20150617004326f53.jpg


前回まったくチェックしていなかった
この“アリカ”という町

とってもとっても小さい中

お洒落なカフェなんかもちゃんとあって

すごく自分にフィットした素敵な場所だった



人も優しい。

あの安らぎの妖精とも久々にハイタッチ。


ペルーのルールの多さから
疲労していた心が、すっと洗われていった。。





PHOBIA GROUP という
写真の会社をやってる男性に出会い
彼のご好意で、演奏の風景を撮影してもらった


Facebookサイト
 “ここリンク”

in Arica
(2015.5.29 in Arica, Chile)


歌ってる表情を自ら載せるのは
いつもなんか恥ずかしいな、、




Facebook上でアリカの港が
おすすめと聞いて、朝に覗きに行ったら、、


201506162132135f2.jpg

201506162132117d7.jpg


野生のアザラシ達がいたぁぁぁぁぁぁ



ってそこまで驚くことじゃないのかもしれないけど、

こういう状況で見たの初めてだったから、思わず興奮


パナマの煌く海で
色とりどりの魚達を見た時と同じ気持ち。



“自然とリアルに生きる、生命が放つパワーって凄い”





さて、隣町へ


“イキケ”


20150616213215356.jpg



派手にロックンロールをぶちかましていた
写真の彼らに、セッションを申し込むべきだったかな

20150616213218ee6.jpg


楽しい気持ちにさせてくれたお礼にと
アメリカンな彼らにチップをあげて




自分も路上ライブへ。。

声を掛けてくれた子とキュートなこねこ

20150616213217c08.jpg

2015061700432687f.jpg
(2015.6.2 in Iquique, Chile)


この町は、少しごちゃこちゃしていて、
やりやすい場所を見つけるのは難しかった


他のパフォーマーの
お決まりらしきスポットを横取りするのも
嫌だったので、長居はせずに、いったんまた“アリカ”に引き返すことにして

最後の路上ライブの日

インタビューに来てくれたこの二人

201506162134251c3.jpg


左の女性のエピソードに耳を疑った




数日前、

路上ライブを見ていた彼女の友人が、
パソコンで自分のミュージックビデオ 『えびおじさん』 を流していた時、
たまたま傍にいた彼女。


何故か、なんとなく、
すでにメロディーに聞き覚えがあり
自然と歌に反応したらしい



それというのも、、

彼女の六歳の娘さんが、
なんと随分昔に、同じ 『えびおじさん』 の映像を、
どういうわけかパソコンで見てたらしい


元々アジア発のポップミュージックが好きだったとはいえ、

まだ若干 “六歳” の娘さんが
どうやって自分の音楽まで行き着いたのか謎。。


というわけで、
ご家族ともども、自分のことを元々知ってくれていたという
なんとも嬉しい運命の糸。



インタビュー撮影後

『これを帰ったらさっそく娘にみせるわ。きっと喜んでくれると思うわ』 と
言った彼女のスマイル

プラス

想像で見た娘さんの笑顔







こうして沢山の愛を感じた町
アリカを離れ


次は前回一度行った
“アントファガスタ”を訪ねた

201506162136004d9.jpg

201506162135187ee.jpg




初日の夜の路上ライブでの出来事。



『明日、夕方から、この町に住む日系のチリ人の集まりがあるので、
よければ遊びに来てください』 と

男性から誘いを受けた



いつものように
“詳細不明”を逆に楽しむ姿勢で

翌日の夕方、言われた公園に足を運んだ

2015061621342692c.jpg



“って誰もいないぞ!”っと

つっこみしそうになりつつも


時間が経つにつれ
続々と、人々が到着。

みんなでお茶、食べ物を囲みながらの交流会だった

20150616213513421.jpg
(2015.6.6 in Antofagasta, Chile)


歌も喜んでもらえた (と思う。願う。)


みんな、日本語はしゃべらないけれど
二世とあって、関わりのある“日本の文化”への愛は凄く強い


折り紙講座に自分も参加

20150616213515649.jpg



そしてこの方は
同じ名前 Hidekiさん!

20150616213429662.jpg

記念に集合撮影

20150616213514cab.jpg


アントファガスタ在住の日本人の方も3人程いた


日本語教師をやっているという女性に
こっちでの生活のことなど、もっと聞こうと思ってたのに、
タイミングを逃して、そこまで会話できぬまま、お開きになってしまった



なにはともあれ

彼らがデッキから流していた
なつかしい日本の歌も、折り紙も、ちゃっかりいただいたお寿司も

“母国の香り”に少しでも浸れた、素敵な時間だった




この機会に導いてくれた
マリオくんどうもありがとう!

贈り物のプレゼントと一緒に

20150616213517217.jpg






アントファガスタでの
もうひとつの想い出は、彼らからもらった

201506162136030d1.jpg


大学で音楽を習ってる生徒さん達。



『本番を目前に控えた
オーケストラのリハーサルを見に行きませんか』
と誘ってくれた


20150616213602969.jpg


お花に彩られた可愛い舞台上で
真剣にリハに取り組むオーケストラ


指揮者はドイツからはるばるやって来たお方




海外に出てから、圧倒的に触れる機会が増えたクラシック演奏

素人ながらにも “自分の感想”は
持てるようになってきてる

彼らの選曲と、腕前はだいぶ自分的ストライク。




何よりも

リハーサルとあり
壇上にあがり、オーケストラの生演奏を
真近で浴びることが出来た時は、感動だった



今後、表現していきたい音楽は
きっと無限大だけど

いつかフルオーケストラと歌の世界を“上映”することは
ひとつの大きな夢










“コピアポ”


20150616213605f08.jpg

20150616213626b06.jpg


『あそこは、洪水被害に最近あったばかりで、
今はいい状態じゃないから、行かない方がいい』 と

アントファガスタのホステルのおばちゃんから
散々言われてたにも関わらず、、


“ならば、逆に人々に歌を届けに行ってみよう”と思い

少しだけ町に挨拶に来てみた

201506162136062f5.jpg
(2015.6.11 in Copiapo, Argentina)





連日の歌う日々

ここらで、身を休めたいな。。


そう思いながら、今回のチリ訪問

最後に寄った場所は、前回もお世話になった
有名日本人宿がある癒しの町 “ビーニャデルマル”

20150616213628088.jpg


宿を訪ねると

チリは今絶賛 冬季シーズンということで
すれ違いざまに言葉を交わした日本人以外、宿泊者はゼロだった



でも、返って

黄昏をどこか切なげに歌ってる
夕暮れの海と町並みを、小さな窓辺から独占できる幸せがそこにはあった




ということで、
旅人さん、冬は冬特有の物悲しさも感じつつ

“汐見荘” だいぶ だいぶおすすめです。









チリの旅もようやく1段落して
いよいよアフリカに飛ぶ為に、あのアーティスティックな街を再び目指す












バナー2
  1. Category: None