My wonder story

僕と音の旅物語 90ヵ国以上の記録(2012/4~2015/8月を参照)               未来はいつも変えてゆける。




アルゼンチン(再訪問)②/ Argentina :: 2015/06/30(Tue)









今回はチリ編から3ストーリー更新!!





それと お知らせです。

大事な約束があるので、可能そうなら秋に久しぶりに日本に戻る予定でいます。


でもまだ色々と未定です。。

何か決まったら、追ってここでご報告していきます!


その時は帰国ライブまたやろうと思ってます!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







ブエノスアイレスの続きのストーリー




週末を越え

20150705052747f23.jpg





6月30日火曜日


ついに、アフリカへと飛ぶ日がやってきた


長いことずっと旅してきた南米に
『また会おう』を告げ

新たな世界に飛び込みにいく日


やり残していた細かな作業を終え

夕方過ぎに空港へ向かい




さぁ いざ、チェックイン!!





のはずが

ここで思わぬ展開になる。。





(受付の女性)

『黄熱病の予防接種を受けたことを証明するカードを持ってないと、
南アフリカには入国できないので、本日はチェックインは承れません。

プラス

予防接種を受けた後も、経過を見るために、
原則10日間はお客様を飛行機に乗せることはできません。』




え!?



人生初のまさかの搭乗拒否の現実を目の前にして、
一瞬気が遠くなりそうになった


予防接種は元々アフリカに着いてから受けるつもりでいたことを話し

「だからどうにか乗せてもらえないか?」 と

何度も確認してみたけれど、
ここで粘るだけ粘っても無駄なのはもう分かっていた


さらに、南アフリカに入国する為のもうひとつの条件として、
片道チケットだけでなく、長居しないことを証明する為の
出国チケットも必要だと言われる


でも、これに関しては航空会社側も少々曖昧らしく、
イミグレーションでデポジットを払うという選択肢もどうやらあるそうで、
必ず用意する必要はない、、と言われた



完全に迂闊だった


“南アフリカ入国にビザは必要ない” という情報だけで
勝手に満足して、予防接種が事前に必要かどうかなど
まったく調べてなかった


旅行会社の人もおそらく寝耳に水だろう、、





自分がいた国際線の空港は
ブエノスアイレスの中心からはだいぶ離れてる場所にあった


時間的にこれから戻るのは危険そうだったので
その日は仕方なく、空港で夜を過ごし
翌朝早くに、予防接種を受診できると教えられた病院に向かった



一体いくらかかるのか

予約もなしにすぐに受け付けてもらえるのか など

疑問は色々とあったけれど、
行ってみたら簡単な手続きのあと
無料ですぐに注射を打ってくれた



よし!

あとはチケットを買った旅行会社に事情を説明しにいくだけだ



多少のチケット変更料を払いさえすれば
来週には飛べる! と信じ込んでいた僕を待ち受けていた現実は
しかし、そう容易くはいかせてくれなかった





新チケット購入にあたって
旅行会社の女性から言われた条件としては、


数万円の変更手数料と

新たなチケットが以前のものより高くつく場合
そこに発生する差額も支払わなければいけない

とのことだった



利用したその旅行会社が定めた条件というより

彼らがチケット購入する時にやり取りする、別の旅行会社が突きつけてきた条件だった


ならば出来る限り差額の少ない
安いチケットを探そう と、一緒に試みたものの
その時点でヒットする安いチケットの日程はどれも7月末。。



どうしよう、、。。。


本来なら、今頃もう
南アフリカに飛んでるはずの自分が

あと一ヶ月もブエノスアイレスに
滞在しなければいけないなんて精神的にだいぶ応える。。



それにしても

チェックインを拒否された時に
受付の女性が

『今回のケースの場合、変更手数料だけ払えば、差額なしで日程はいつでも変更できる』 と
言ってくれていたことと、明らかに矛盾してるのは何故だろう。。



真意を確認する為に

利用した航空会社のオフィスに直接訊ねに行ってみたが
冷たい対応で、まともに取り合ってはもらえなかった


空港に連絡してみても繋がる気配がなく、
ひとまずその日は何も結論を出せぬままに終わった。。





翌日も旅行会社の人と、
どうすべきか話し合い、色々と手立てを模索した


数日後のフライトがもし可能なら
実際まだ安いチケットを取れる可能性があることにも気づいたので、

南アフリカ大使館に足を運び

予防接種から数日後でも、
入国させてもらうことはできないかどうか、確認しにもいった


しかし、その日もベストな結論は出せずに日が暮れていった







201507050527481ba.jpg


その翌日、日本大使館に少し相談しに行った後

いつものように訪ねた旅行会社の人から
思わぬことを言われる



『たった今、うちのボスから連絡があったわ。

今回の件については、こちら側にも非がある。

弁護士にも相談してみた結果、新チケットの購入にあたり、かかってくる費用の半分は私達が払うわ。』



確かに自分だけでなく、
旅行会社側もチケットを売る際に
詳しい確認を怠っていたことを、元々反省してる節があった



『お互いに責任をとる意味で、
もしも可能なら、かかる費用を一緒に払ってもらうことはできませんか?』 と

難しいお願いと知っていながら、自分から聞いてみたこともあった



でも、彼らが 『NO』 といえばそれまでのこと。



なのに自ら、弁護士にこういったケースはどうすべきか
確認しに行ってくれた彼らのその誠意。心意気。


嬉しかった






201507050527510a3.jpg

2015070505275215f.jpg



そこからストーリーは、
ようやく前向きに動き出した


もしも一人負担だったら、
最初のチケットとほぼ同額レベルだった為に
手が出しずらかった、およそ一週間後発の飛行機チケット購入へ、ついに踏み出す

月末までもう待つ必要はない。


新たな旅立ち日程は、7月13日。




約束どおり、支払いをサポートしてくれた彼らに

感謝の意味を込めて。。


旅行会社 Conexion Baires

 “ここリンク”




ただ片道チケットだけで、
ホントに入国を許してもらえるかなどの疑問は、
まだ多少残ってる


可能な限り下調べをして
万全な体制で、今度こそ南アフリカへ旅立ちたい。





今回のストーリー


“起こるすべてに意味がある” をもっとうに
旅してる自分にとっても、感情が先立って最初はポジティブに切り替えるのが難しかった






“未来でまたプラスに変えてゆけるから、 いつもどおり大丈夫。”



今は思える


さぁこの出来事が起こったことによって
Wonder Storyがどんな風に動いていくのか
確かめにいこう

20150705052807961.jpg




















バナー2

  1. Category: None