My wonder story

僕と音の旅物語 訪れた90ヵ国以上の記録 未来はいつも変えてゆける。 




台湾② :: 2016/11/05(Sat)




















“台東”


20161022180604f52.jpg

着いた瞬間にすぐに居心地を感じた

こういう街って世界にある

心撫でられる場所


都会の波に押しやられて

いつのまにか

こころが息継ぎを忘れていたことに気付かせてくれる

2016102218061370e.jpg


ランプの光が幻想さを演出する

20161022180623dbe.jpg
(2016.10.14 in Taitung, Taiwan)


来る前に
台湾を一周するルートにすべきか
悩んだ瞬間もあったけど、来てよかったって心から思えた

ホステルに戻ると、宿主の女の子が
興味津々そうな顔で、『路上ライブを見てみたい!』 と言ってきた


せっかくだからということでギターを持って

一緒にナイトマーケットを覗きに出た

そのタイミングで降り出した雨


『知ってるカフェがあるから、そこの一角ならできるかも!』

突然の彼女のアイデアで
連れて行ってくれた大手チェーン店風のカフェ


“見た感じ、ここの許可は難しいだろうなぁ。。”

と内心思っていたら、すぐに了承をもらった


大事な事を、彼女から学び


翌日は 『都蘭』 という村へ

2016102218370942d.jpg

20161022183739f43.jpg


台東で会った、女の子 Mimi から
ミュージシャンや、アーティストが集う
おすすめの音楽バーが、この村にあると聞いた

20161022183756807.jpg

しかし まっ昼間は人影なし。

村というだけあって、
喧騒とは無縁の自然にあふれた穏やかなところ


鋭い直射日光を避けるべく
休憩がてらに立ち寄ったコンビニで、
マップを広げながら、

店員さんに、色々と質問をしている途中

女性客から、
『ここは音楽イベントを時々やってるわ。試しにいってみたら?』 
とアドバイスをもらう

2016102218380943a.jpg

夕暮れが迫る中

路上ライブをやるにも、人があまりいない為

とりあえず、アドバイスを受けた場所にいってみると、

宿らしき所につき、人が出てきた


『音楽イベントは時々やってるけど、本日はないわ。

今日はここからバスで30分程行ったところで、イベントがあって、

みんなそこに行ってるから、静かなのよ。 そこに行ってみたら?』


ということで、行ってみると、、

見晴らし最高の大空と海のステージに到着

2016102218382195f.jpg


夕焼けから月空へ。。

20161022183830dfd.jpg


三組の演奏

原住民の方々も、出演していて

大地、自然、空との調和を感じられる
素晴らしいパフォーマンス

歌声が天に昇っていってた

地理上、近くに位置する
沖縄の音楽と近いルーツが垣間見えた気もした


終演後、出店で賑わってるエリアにいくと、

このイベントをおすすめしてくれた、数時間前に会った女性と

その女性と出会うきっかけをくれた、コンビ二で会った女性

ふたりともと再会した


あのタイミングでコンビニでマップを広げてなければ
ふたりとも縁のない人だったかもしれない


こういう物事のつながりを感じる瞬間

いつも

旅、人生の不思議と魅力を、強く実感する



この夜は、まだ終わらない

イベントから戻り、昼間もぬけの殻だった音楽バーに再度来てみると
ライブをやっていた

201610221838430d2.jpg

彼らのあとに、1曲だけ自分もやらせてもらった

1~2時間、人と談笑した後は、

盛り上がっていた音楽飲み会にも参加

深夜まで楽しんだ

20161022183853e23.jpg


昼間の迷子が嘘みたいに

音楽的ハプニングが
ここまで夜に起きる事は想定もしてなかった

“都蘭”をおすすめしてくれた 台中の女の子 Mimi に感謝


あの月空ステージでは、いつか演奏もしてみたい




“花蓮”

20161022183907413.jpg


路上ライブを見かけた
アクセサリーづくりの職人さんが
自分の為に、腕輪を特製でプレゼントしてくれた

指輪もくれた。。

おおらかでやさしいオーラにつつまれた人だった


路上ライブ中に声をかけてくれた
日本人の方々が

働く日本食レストランで、夜ご飯をふるまってくれる
幸運もやってきた

20161022183917e31.jpg

思ったことは、はっきり言う 兄貴的な風格漂うオーナー
ゴウさんとの飲み会は衝撃的だった



こうして 台湾を一周した後

また戻ってきた “台北”

20161022183946234.jpg

ここだけは、行っておきたかった

台湾の歴史をたどる 228記念館へ


愛に、愛を贈り合う世の中に

少しずつでも、近づいていければいいと思った


現実問題、台湾はいまだに、中国から独立を認められていない為

オリンピックでは、“チャイニーズタイペイ” という名称で呼ばれるんだそう

友人いわく独立を実現するには、
国際的な意見を味方にすることがカギだそうで、
東京オリンピックまでに、今署名を集める活動をしているとのこと


今回お世話になった台湾の人々を想うと、

国としての彼らの明るい未来を、心から願います


歌を届けた受付の女性2人

201610221839355bf.jpg



最後まで気を利かしてくれる
今や素晴らしい友人 Sobi とも再会を果たした

20161022183925391.jpg




エンディングとして

台北から 電車で1時間くらいでいける

世界の猫好きに有名という “ねこ村” の写真を載せておきます

好きなら、だいぶテンションあがる
ネコのデザイン、雰囲気をまとう村



20161022184004374.jpg

20161022184014303.jpg

2016102218403191d.jpg

20161022184054ee1.jpg

2016102218410215d.jpg

201610221839562e0.jpg

















バナー2
  • Category: None