My wonder story

僕と音の旅物語 90ヵ国以上の記録(2012/4~2015/8月を参照)               未来はいつも変えてゆける。




アメリカ(2018年編)② :: 2018/08/15(Wed)
















ヒルトン&ミシェルに別れを告げ

電車で 夜を越え 北上10 時間以上。。

IMG_20180625_120146.jpg




まず、最初に降り立ったのは

アメリカの小さな静かな町


“ユージーン”


IMG_20180626_135807.jpg

IMG_20180627_111945.jpg

IMG_20180626_100158.jpg


アメリカは、たとえゲストハウスであっても
宿泊費がとてもかかる。

長く旅を継続させるという点では、
他の国々よりも難易度が高めだと思う。


なので今回は、ネットを通じて、
基本的に宿泊を受け入れてくれる方が
見つかった町を中心に回ることにした。


(それはそれで、“縁がある町”ということで。)

IMG_20180625_213740.jpg

この町では写真の家族が迎えてくれた。

アンドリューは、普通に仕事もしているが、
ミュージカル俳優でもある。

映像も見せてもらった。


アドバイスをもらい、ファーマーズマーケットで路上ライブ。

IMG_20180626_121031.jpg

タイムリーに

自分も自分で “ミュージカル”を題材に
新しい歌をつくっていた時期で、

滞在の終わりに、ほとんど完成に導くことに成功。


さて、ここから次に向かう町

どうすべきか、少しプランを検討していた。


元々行くつもりでいた“ポートランド”へ、
そのまま向かうこともできたけれど、

手前に位置する町の方から直前に連絡があったので、

彼らに出会うことを目的に、行ってみることに。



“オールバニ”

IMG_20180627_130352.jpg

貰った住所に向かうまでの道。


交通量は少しある半面、歩行者があまり見当たらない、、

歌う場所を見つけることは、難しそう、、


目的が違うので
それはそれでよしとして

出迎えてくれた家族。

IMG_20180627_195623.jpg

IMG_20180627_19120.jpg

とてもステキで、あたたかい方々だった。


夜遅くまで、話題が深まり、

男性の彼とは、翌日朝早く一緒に、
日本のワールドカップ戦を応援。


この町は、一泊と弾丸滞在。

それでもイイ出会いさえあれば、
どこであっても、来た甲斐はある。

いつもの旅の法則。




“ポートランド”

IMG_20180630_143152.jpg


ここの町。

ヒルトンを通してつながった
10年来の友人でもあるアンディと、
まずはカフェで再会を果たした。

彼は忙しい仕事の合間を縫い、街案内をかってでてくれた。


ただ、この夜の滞在先に関しては、
到着した段階ではノ―プラン。

ネットを通して、たまたま目に留まった
ホームパーティー的な音楽イベントがあったので、

試しに連絡をいれてみると、

『ライブ&宿泊 OK』

というパーフェクトな返事が、すぐに返ってきた。


果たしてどんな現場なのか、
旅ならではの、想像もつかないドキドキ感を携え
向かってみると、

この家に行きついた。

IMG_20180628_19023.jpg


結論から書くと。。


とてつもなく、出向いて良かった場所だった。

IMG_20180628_20512.jpg

IMG_20180628_21080.jpg

IMG_20180628_23123.jpg

36331895_239560906834662_7297672983827447808_o.jpg

ミュージシャンは、自由に参加できる
とってもオープンなライブイベント。

主催のアーティスト、歌を聴いてくれた人々に感謝。


そしてもう一人

会場となった家の主でもあり
写真、ビデオ撮影をこよなく愛す男性 マイケル。

彼との出会いも、とても幸運な出来事だった。

IMG_20180629_122059.jpg



翌日、彼が撮影してくれた写真。

portlandgoodluck.jpg
(2018.6.29 in Portland, America)


彼とは音楽の趣味も合った。


何よりも、言語の壁を越えて、
こちらの生みだす歌を、とても好いてくれた。

友人でもあり 
“協力的なサポーター”が、

世界にまた一人増えたことが嬉しかった。


前日に、
宿泊先を普通の宿にすべきか、検討もしていたさなか、
ネットで偶然見つけたイベントから、この出逢いへのつながり方。


ワンダーストーリー恒例の
ミラクル助け舟の仕業だと思う。



あと、ここポートランドは

もう一人お世話になった男性がいる。

IMG_20180701_153112.jpg

彼は、ピアノ講師として、この街に在住している。

事前に連絡を入れた際、『週末でよかったら』 と、泊めてくれた。

隣にいる女性は、彼の友人。


ハイキングだったり、いろいろと街を案内してくれた。

IMG_20180630_20585.jpg



SF映画を彷彿とさせる車を発見。

IMG_20180630_20532.jpg

IMG_20180630_20504.jpg



彼の自宅から徒歩圏内に、
ライブバーがあったので行ってみた。

こっちのお客さんは、ほとんど皆、身体を揺らしたり、
自分のスタイルでライブを聴いているのが印象的。

IMG_20180630_22340.jpg


日本対ベルギー戦、
どうしても見たくてスポーツバーへ。

周りのお客さんは、どちらを応援してるのか謎だった為
できるだけ静かに息を呑んで観戦、、

IMG_20180702_12125.jpg

IMG_20180630_145413.jpg


ポートランド。

何故だか居心地が凄くイイ場所だった。


どこかキレイで、洗練された空気を持つ街。


その大きさと、人口の比率もちょうどよく、

中心街にいても、ちゃんと呼吸できる“余白”がある。


サタデ―マーケットの日

川沿いで歌っていた時に、人々の反応がとても優しいことに気が付いた。


路上ライブは、そこに住む人々を
そういった角度からも映し出してくれる。







“シアトル”

IMG_20180703_153853.jpg

IMG_20180703_153942.jpg


ここの街は、だいぶ前から
泊めてくれるという方と連絡を取り合っていた。

とはいえ、初めて行く場所は、それなりに緊張感がある。


この階段をあがると、ストーリーのゴングが鳴る。

IMG_20180702_190820.jpg


写真でハットをかぶってる彼
“アーロン” がその人。

彼の住む家は、まさにアート空間。 そして大きい。

自分以外の旅人も、同時期に歓迎してステイさせていた。

IMG_20180702_2258.jpg

滞在していた数日間。

彼は、時間をつくっては車を走らせて、
僕らを、いろいろなスポットに連れていってくれた。

IMG_20180703_192452.jpg

IMG_20180703_191354.jpg

IMG_20180703_192128.jpg

IMG_20180703_230656.jpg

助手席でした アーロンとの会話の中で

旅は、起こる予定変更に対して
自分の柔軟性がだいぶ必要になってくる

という話題になった。


日常の“キヅキ”は、人とする何気ない会話から、
こうして改めて、発見できることがしばしある。



アメリカ独立記念日は、
音楽と花火で盛大な催しがあった。

IMG_20180704_222401.jpg

10年前は、屋根の上によじ登り、
居合わせたみんなと見ていた。


彼のおかげで、
きっと自分一人で過していたら、
気が付けなかった場所に、沢山行くことが出来た。


正直、集団行動ということもあって、
最初は、他の旅人達にちょっと距離を感じていた。


それでも最後の方になれば
ほとんど、もうみんな打ち解けていた。
(路上ライブの現場にも、笑顔で。)


過ごす時間の長さは
人と人とが、よりつながり合う為にはとても重要な要素なんだ

と気付かされた。


大袈裟にいえば、

“仲間の絆”にも、似たものが生まれる感覚。







≪シアトル番外編≫

IMG_20180703_135439.jpg

スターバックス“第一号店”の前で、
モップをベース代わりに演奏してた男性。

数年前にカントリーの聖地 ナッシュビルで見た
ベーシストを想い起こさせる。




IMG_20180703_143910.jpg

シアトルと言えば、ジミヘン ( or ニルバーナ)ということで、

謎のそっくりさんと路上で遭遇。





IMG_20180704_192503.jpg

路上ライブ中に、声をかけてくれた男性。

とても幻想的で、美しい音色の楽器奏者。


想い出セッションの一枚。



















バナー2
  1. Category: None