My wonder story

僕と音の旅物語 90ヵ国以上の記録(2012/4~2015/8月を参照)               未来はいつも変えてゆける。




スペイン、 アンドラ / Spain, Andorra :: 2013/08/21(Wed)








29 ヶ国目 スペイン





"バルセロナ”




DSCN8797.jpg
(2013.7.21 in Barcelona)


DSCN8819.jpg


DSCN8815.jpg







誰もが言うように
ガウディーの
サグラダ・ファミリアを目の前で見たときは、心から感動、感激した


想像をはるか高く飛び超える



イメージの世界でなく
"現実”に、
こういう巨大で "圧倒的な個性と世界観”を持つ建物が存在する事


まだ建設中とはいえ、中も凄かった



またいつか、歳をだいぶ重ねた時に、戻ってきたい場所になったよ



どんな姿で迎えてくれて、どんな気持ちに僕をさせるかな


DSCN8748.jpg

DSCN8807.jpg

DSCN8746.jpg








バルセロナという街自体見ても

モダンな設備あり、
アートあり、旧市街あり、ビーチあり、笑顔ありで、
とても有意義に僕らを楽しませてくれるトコロ


今後夏に西ヨーロッパ旅行考えてる人に、個人的太鼓判






滞在期間中に
バスで立ち寄った小さな国



30ヶ国目 アンドラ

DSCN8787.jpg

DSCN8777.jpg
(2013.7.20 in Andorra)





山間に位置してるせいか
突然の大雨に見舞われる


ここで警察さんが来るまで路上ライブ








スペインにまた戻り




“マドリード”

DSCN8857.jpg










ここの街では、
大事なスペイン人の友だちが待っていてくれた

写真左にいるのがその彼 "Juan”

右にいるベーシスト Daniel とも、今はとても仲良し


juan, dani me best shot






Juan との最初の出会いは、ロンドンの語学学校


見た瞬間、"ミュージシャン”の匂いがして、訪ねると案の定 彼はドラマーだった



それから時々二人で音を合わせたり、
実際にライブを試みたり、お酒を飲んだりと、、
彼とは楽しい想い出が多い



昨年から、"絶対スペインいくよ”と約束してたんだ



だから再会の瞬間は感慨深かった



待ち合わせてすぐに、音楽スタジオに行き
音合わせ

DSCN8876.jpg



夜は、彼の友達ギターリストの家へ

DSCN8832.jpg






数日後
彼らと向かった町外れのバーでの
セッションイベント


DSCN8872.jpg


こんな狭いステージ、生まれて初めて見たよ


三人目以上からは、ステージ外で演奏お願いします 的な感じ

でもステキ



場所柄、どこか地元色のある和やかな雰囲気


毎週のように来てると思われる
ベテランのミュージシャン達が体感させてくれた
圧倒的なグルーブ感












マドリードから
足を伸ばして 次の街



“バレンシア”




着いてすぐに、
街の広場近くで歌い出す



警察さんがやって来て
すぐにストップ



だけどその僅かな間で出逢った人達がいた



まずこの二人

DSCN8882.jpg



なんだか画になるよね


実はもう一人



DSCN8883.jpg



後に、左に立ってる
この彼の家に行く流れになった


彼は、物事を深く考えるのが好きな人で
夜遅くまで、色々語り合った


印象的だったのが、


例えば

今あるこの瞬間、この状況、この感情を形容する
まったく新しい響きの言葉を、カタチ、色付きで

頭の中にイメージするとする


そして
記憶するように努める



それは未来
“今この瞬間”を思い出す
唯一無二のツールになるのではないか

というクダリ










翌日



ここバレンシアで
再会する約束をしていた二人と待ち合わせ



一人は、昨年ロンドンで友達になった
これまたスペイン人のドラマー


もう一人は昨年ロンドンで路上ライブをしていた
僕を見て、後日メッセージをくれたのがきっかけで友達になったミュージシャン
"Facebook link"




二日目は
その彼の家に





DSCN8884.jpg

かわいい二匹の猫とも遊びまくった


DSCN8893.jpg
(写真、右がドラマーの彼、左が泊めてくれた彼と彼女さん)




街案内、ライブ場所探し、ホントによくサポートしてくれた



DSCN8914.jpg
(2013.7.27 at Loca Bohemia in Valencia)


ロンドンでの音楽活動が呼んだ出会いが
こういう未来にしっかりと通じる
喜び






過去と未来はやはり
縁がある







バレンシアを去る朝、写真家の彼の彼女のお父さん宅へ

記念に写真を何枚か撮ってもらった






真面目ショットは隠して



ふざけショット

538984_10201721592709379_1749937259_n (2)













さて

素敵な時間を過ごせた
バレンシアから
またマドリードに戻り、


翌日


路上ライブをもう少しする為に

スペインのどこか違う街に
歌いに行く事を決意


というのも、
マドリードもバレンシアも
路上パファーマンスへの規制が厳しかったんだ


マップ上に見つけた
“サラマンカ”という街の文字

DSCN8954.jpg

DSCN8944.jpg





自分好みの
こじんまりとしたステキな街



規制も特になく、

無事に路上ライブを終えた直後、
突然声を掛けられる

「よければうちに泊まっていきなよ」


この街で学生寮を経営する
日本人のオジサンだった



若い時の
自転車日本一周の旅の想い出など、
色々と語ってくれた





翌日もバスが満席だった為に、
そこで二泊させてもらう方向に、、





この街二回目の路上ライブ

DSCN8951.jpg
(2013.7.29 in Salamanca)


そしてそこから
新たな日本人との出会いの
連続


スペイン一周中の同世代の男の子や

CDを購入してくれたサラマンカ在住の芸術家 ヨシさん  
"Website link"





最終的に、オジサンも含め
日本人四人でビールを飲みながら語った


なんだか
そういうの久しぶりだったよ






マドリードの居心地を思い切って捨てて
この街に来て正解だった


怖さを押し切って
直感を信じて旅する事を大事にしてる


そして、これからもね








街を去る日


わざわざバス停まで見送りに来てくれたオジサン



2泊3日の滞在だったけど
ホントによくしてくれて、別れ際
胸に押し寄せるものがあった





またサラマンカに戻ってくる日が来たら、改めてお礼を伝えに行きたい





もし今後、どなたかこの街に来ることがあったら、
このオジサン三浦さんの寮へ 是非!






オジサンに
「迫水、あいつ案外、豆が好きらしいですよ」を伝えた方

もれなく特典なし



- Residencia Universitaria ABRANTES -


"Website link"









































バナー2

  1. Category: None