My wonder story

僕と音の旅物語 訪れた90ヵ国以上の記録 未来はいつも変えてゆける。 




ベトナム / Vietnam :: 2014/03/01(Sat)








みなさんこんにちは


二月頭にココで発表した
日本一時帰国ライブ


3月30日 三軒茶屋0rbit (19時~)
4月17日 笹塚Blue-T (19時半~)


もうすぐです




およそ2年3ヶ月ぶりにも関わらず


気に掛け観に来てくれる
誰かがいるだけで
とても嬉しく、幸せなことにおもいます



お時間あったら
是非見に来てください


どうぞよろしくお願いします!







さて

今回はネパール編から、5つのストーリー更新しました!












53ヶ国目 ベトナム





“ハノイ”


IMG_20140301_115922.jpg




噂には聞いてた
交通量の多さ


タイ、ラオスとは比較にならない程
物凄い量のバイクが行き交う


IMG_20140301_120212.jpg




旧市街は
過去にフランスの植民地時代があったという事から
西洋風の年季の入った建物がよく目に付いた


捕らえ方によっては
ポルトガルの町並みにも少し似てた


ギャラリーの多さも目を引く


市場の感じなど
カオスといえばカオスなんだけど
インド経由でここに来ているから、それ程の衝撃波はくらわなかった



訪ねる国の順番によって

感動や驚きの大きさがまったく変わってくるのが 旅



でもだからといって
それを計算にいれながら動くのも、
頭でっかちになるだけだと思う




だから 旅は 今ココロの一番向く方向に行く



それでいいと僕は思う



最後は

すべて ありのまま
ただ受け入れればいい
















“フエ”


IMG_20140301_120418.jpg

IMG_20140301_120457.jpg




一日少し立ち寄るだけとなった滞在







最初は
どうかなぁぁぁ と周りの様子を伺いつつも

ベトナム 初の路上ライブを試みる


IMG_20140301_120528.jpg
(2014.2.26 in Vietnam, Huế)



人もまばらだったし
外国人観光客たちはどこか傍観気味だったし、

理想的なライブ状況ではなかった


でも

周囲のホテルや飲食店で働く
地元の人たちが、チップを片手に
近寄って来てくれた





路上後

バスのチケットの支払いを済ませるために
旅行代理店に向かうと、オーナーの男性からお願いされ
その場でもう一曲 声を出した




翌日朝


バスに乗る為に
同じ代理店に向かうと

“昨夜の一曲のお礼” ということで

オーナーが
店前の屋台で朝食をごちそうしてくれた



昨日は、
バスチケットを手配するまで

騙されないようにと、
慎重に何度も同じような質問を繰り返した僕


ふたりのそんな駆け引き後のこの展開




旅から生まれる
こういう小さなドラマ がいい












“ホイアン”


IMG_20140301_120635.jpg

IMG_20140301_121225.jpg




IMG_20140301_120608.jpg



今回のベトナム滞在で一番好きになった場所



世界の訪問地 としてみても
久しぶりにグッときた



カラフルな提灯達が並び

色鮮やかな古都




そして日が暮れ始めると

町中に提灯が美しく浮かび、ロマンチックになる


IMG_20140301_120746.jpg

IMG_20140301_121308.jpg

IMG_20140301_121151.jpg





路上ライブ

早速挑戦するも

30秒で止められる


直後に


近くでドリンク販売していた女性に
手招きされて、
“そう気を落とさないでね”的な感じで一杯ごちそうになる、、

IMG_20140301_121338.jpg




その後もめげずに
場所をちょくちょく変えながらトライ



最後に歌った場所でも
近くの屋台の女性から、差し入れをもらう。。





ベトナム人の優しさにここまで触れられるとは
正直 想定してなかった。。



翌日の路上ライブ時も
場所を変えるたびに、近隣の店の人々が
チップを手にエールを贈りにきてくれた



店近くで歌うと
普段は苦情が出たりする事もあるために、
なるべく気を遣うのだが


この国は、
愛情がやってくる
(ラオスもそう)




ベトナムは

食べるにしても、買うにしても
僕らはツーリストして扱われ、
通常のローカルプライスよりも高い値段をふっかけられたりする

故に値段表記がないところが多い


僕は、その点があまり納得できずに
商売者に対して、最初は好印象をもてずにいた


でもそんな彼らから
愛情をもらった事で、マイナスイメージを持ってた事が
申し訳なくなった。。





宿泊した
家族経営の宿の人たちも優しかった


IMG_20140301_122008.jpg


名前は

“Memories Homestay”

ここは、これからここホイアンに来る人に是非おすすめしたい所


キレイだし、細かいとこまで
よく設備も整ってる



夜ご飯も用意していただいたり。。

IMG_20140301_121939.jpg








ホイアン二日目は


“Cool Japan” というお店を出して
頑張ってる日本人に出会ったり


喫茶店で知り合った
韓国人ミュージシャンとの縁で、

屋台船で
歌わせてもらえる機会も巡ってきた

IMG_20140301_121830.jpg
(2014.2.28 in Vietnam, Hoi An)












実は、
当初は寄るつもりじゃなかったこの町



フエの宿で会った
日本人の “ホイアンいいらしいよ” の一言が
僕を導いてくれたカタチとなった


IMG_20140301_120712.jpg




世界一周の旅に出て


些細な出逢いや決断で、

未来が大きく変わってくる面白さに注目するようになった





あと、東南アジア

特にここベトナムに来て
初めて、実感として

“食の価値観” が変わったように思う



ヨーロッパを旅してた時は
美味しいものと出会っても、 “日本食が一番!” と常々思ってた


でも、その結論が今は言いがたい



元々、食通でもない自分が

食を通して
本気で心から幸せになれる瞬間が
東南アジアでは多々ある

















“サイゴン(ホーチミン)”



IMG_20140304_195238.jpg





この街は最後に少し寄るだけのカタチとなった



他の訪問地に比べると
都会化はかなり進んでいて

バーやクラブが建ち並ぶ繁華街では

観光客の数が異常なほど多いエリアがあって、思わず目を見張った





昼間に

ベトナム戦争のことを
現在に伝える博物館に行ってきた

IMG_20140304_195322.jpg

IMG_20140304_195450.jpg



この戦争の残した傷跡も

(今いるカンボジアで起こった大虐殺のこともそう)


改めて学ぶと
街の人々を見る目が変わる。。





世界で

過去 起こったこと

現在 起きてること


未来 起きるかもしれないこと






一歩ずつでも
知っていかなきゃと思う






















バナー2
  1. Category: None